七五三の前撮りの常識を変える
私たちが取り組む「新時代の七五三」とは?

家族にとって大事な節目である七五三。子どもの成長を祝ってみんなでお祝いする大切な記念日。
おじいちゃんおばあちゃんの予定と合わせて、「家族のイベント」として事前に準備されているケースが多いかと思います。

1日でお参りも、撮影も、家族での食事もセットになっていると、意外とバタバタしてしまうなんてお声も、、、。
(もちろん、1日で全部できてしまうのは忙しいパパママからすると大事なことですよね!)

でも!慣れない着物も着ながら、バタバタした1日を過ごすと、お子様はどうでしょうか?
そのような1日の中で、本当に良い写真を残せているのでしょうか?

七五三の記念撮影は通常10月や11月といった秋に撮影するイメージが強いと思いますが、
実は今、新しいムーブメントが起きていることをご存知ですか?
「密を回避する」「混雑する時期を回避する」などといった理由で、最近は前撮り(早撮り)というのも増えてきました。

でも!ただ、時期をズラすだけではなくて、「その時期だからこその七五三」を撮っていただきたいという想いから
LOVSTは新しい取り組みを始めました。

LOVSTが取り組む季節に合わせた七五三

前撮り・早撮りは時期をズラすだけじゃない
その季節ならでは七五三の新しいカタチ

一般的な前撮りは「ただ時期をずらして、七五三の撮影をする」ということが圧倒的に多いですが、LOVSTでは季節ごとのテーマに合わせてスタイリッシュに着飾った「季節限定」の七五三撮影ができる企画がスタート! なんと、いわゆる王道の七五三着物とは別のコンセプトで、そのシーズンならではの衣装や小物を着て撮影ができるんです。

2022年に春プラン「美わしの七五三”花束”」がスタートすると、その衣装や小物のクオリティ、種類の豊富さ、そしてなにより「絵画のような美しさ」でわが子が撮れると、SNSを中心に注目を集めています。

今回は7月からスタートする夏の季節限定「きらめきの七五三”空色”」の撮影がいち早く行われたLOVST PHOTO STUDIO木場店にお邪魔して、撮影の様子をレポートします。
実際に参加されたご家族の感想もありますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

ママ達に聞いた
前撮り・早撮りのメリット/デメリット

    • メリット
    • 当日のスケジュールに余裕ができて、
      お子様へのご負担が少なく、素敵な写真が撮れる
    • 予約が取りやすい(夏休みの期間で撮影ができる)
    • 通常期のプランよりもお得に撮影ができる
    • 七五三(お参り)に向けたリハーサルになる
    • デメリット
    • お参りと撮影が分かれてしまう
    • 前撮りからお参り日までに成長してしまう
      ※3歳の場合は満年齢になってからがオススメです!

夏にしか撮れない
LOVSTの「きらめきの七五三”空色”」とは?

今年の夏のテーマは「空色」

青い空のもと、きらめく夏の光を浴びてお子様が笑っているイメージが思い浮かびます。
しかし、ともすると伝統的な和装とマッチしないように感じますが……。

そこで今回用意されている着物を見てみると、いやいや全くミスマッチは感じません。むしろコンセプトカラーになっているロワイヤルブルーがとても涼やかで、ペールカラーということもあって、お子様の肌とのグラデーションがより被写体の美しさを際立たせているように感じます。
スタッフによって本人の地毛を生かしたヘアメイクを施すと、それはまるで本物の花が咲き誇っているような優雅な佇まい。

また、ネックレス、イヤリングなどのアクセサリーや、コサージュ、チュールやハットなども色や質感がしっかり統一されていて、高級感のある和装とコーディネートしても違和感がないところが大きな魅力。
和服の良さを活かしながら、モネやルノアールに代表される印象派の絵画に登場する貴婦人のような、大人びたイメージさえ受けます。

七五三の撮影でここまで高いクオリティの衣装やヘアメイクで撮れるなら、かなり満足感があるのではないでしょうか。
どうでしょうか?「ただ、時期をずらした前撮りとは違う」ということが皆さまにも届いていると嬉しいです。

Price

【 期間限定価格 】

平日料金:¥53,800(税込) →
平日料金:¥51,800(税込)
休日料金:¥61,300(税込) →
休日料金:¥59,300(税込)

撮影料・写真データ【USBメモリ(高画質データ)、LINEデータ】・衣装代・ヘアメイク代・着付け代・ベーシックアルバム36ページ1冊付き
※着物着用のお子さまが1名の場合は、着物撮影の他にも洋服やドレスにお着替えしての撮影ができます。

LOVST人気の秘訣!

フィッティング中も終始笑顔が絶えないアットホームな空間で、いよいよ撮影がスタート。
撮影を担当するのは、フォトグラファーでラブストフォトスタジオ代表のコンドウさん。

あまりファインダー越しに被写体を見ることはせず、常にお子様と目線を合わせて会話しながら撮影していく姿が印象的です。

コンドウさん
「ラブストフォトスタジオでは撮影だけでなく、前後の時間も含めたその日全てをハレの日のイベントとして、思い出に残していただくことを大切にしています。ですから、あまり撮ることだけに集中しすぎないようにしていますね」

そのポリシーもあってか、今回参加した3組のご家族は皆さん撮影自体を楽しんでいる印象でした。
ママたちとお話をしていて、印象的だったのは「LOVSTは三脚使わないからすごく自然に撮ってくれます!もちろん、カチッとしたのもしっかりと撮ってくれるんですけど、子どもが楽しそうに遊んでいる姿とかを切り取ってくれるのがすごいなって思ってます」とおっしゃっていました!

まだ幼いお子様にとって、このような撮影では大人たちから「はい!もっと笑ってー!!」と笑顔のプレッシャーをかけられると、なかなか自然な笑みはつくれないもの。
その点、フォトグラファーをはじめスタッフ全員から、さながらテーマパークにやってきたかのようなアテンドを受けながら臨んでいる今回のお子様たちは、どの子もナチュラルな笑顔でハレの日の一瞬を切り取ってもらっていました。

撮影ってどんな流れなの?

まずは衣装選び!ママやパパと一緒に、お気に入りの着物を選んでもらいます。
続いて、地毛を活かしたヘアメイク。やっぱりカツラじゃなくて、「地毛を活かしてもらえてうれしい!」というお声が多いです!

季節の七五三に合った背景をオススメしていますが、やはりLOVSTの人気ポイントは背景の多さです。
衣装が似合う背景を一緒に選びましょう!ちなみに店舗によって、背景や衣装が異なるのを楽しんでいただいているお客様も多数!

いよいよ撮影スタート!
ママもパパも一緒に撮影に参加して、楽しみましょう♪撮影中のスマホ(デジカメ、ビデオカメラ)での撮影はもちろんOKなので、
動画でしか残せない当日の雰囲気・思い出を残してください。

そして撮影終了後、その場でモニターを見ながら当日の画像をチェックしていきます。
親子が一緒に、その日の撮影を振り返りながらスタッフと笑っている姿は、見ているこちらも微笑ましいひとときです。

ラブストフォトスタジオでは、撮影した七五三の画像はベーシックアルバムのほか、USBやLINEアプリを経由してデータで受け取ることができます。追加料金は必要ありません。